ごみ、リサイクル、防災、協働、まちづくり。地域の問題に取り組むシンクタンク ダイナックス都市環境研究所

トップ » 会社案内 » 社員プロフィール » 北坂容子

社員プロフィール

北坂容子  −KITASAKA Yoko−

北坂容子

研究員

研究テーマ :  循環型社会、廃棄物3R政策、リサイクル
出身地 神奈川県藤沢市
経歴 2007年グリフィス大学(オーストラリア)科学部環境衛生学科卒業
2009年同大学院修士課程修了(環境学部環境保全学科)、2013年ダイナックス入社
業務歴 大学在学中にWHO健康都市連合国際大会に参加。卒業後はリサーチアシスタントとして有害廃棄物に関する事例調査やゴールドコースト市廃棄物管理局にてレジ袋削減等調査に協力。

入社後は容器包装リサイクルに関する調査を主に行い、これまで店頭回収、プラスチック容器包装の高度化、スチール缶リサイクル等に関する調査研究業務や、事業者・自治体・消費者に対する3R推進啓発イベント等の企画運営コーディネートの業務に従事。その他、まちづくりや地区政策などの業務にも携わっている。

2014年より1.8Lびん再使用率向上策の調査研究に関わり、酒造メーカー、自治体、事業者等などの実態を把握し、再使用率向上のための方策を検討している。2016年はステークホルダー会議を開催し、全国の酒造メーカー、小売事業者、洗びん業者、ラベル事業者、自治体、消費者等の関係者に調査結果を報告し、現状と課題を共有した。更なるびんリユース促進を目指して、容器リユース推進のための勉強会を有志で行っている。