ごみ、リサイクル、防災、協働、まちづくり。地域の問題に取り組むシンクタンク ダイナックス都市環境研究所

トップ » 会社案内 » 社員プロフィール » 鈴木敏夫

社員プロフィール

鈴木敏夫  −SUZUKI Toshio−

鈴木敏夫

研究員

研究テーマ : ごみ問題、3R推進、防災、地域づくり・まちづくり
生年 1979年6月
出身地 神奈川県海老名市
経歴 2002年 杏林大学 社会科学部卒業。民間会社を経て、2014年入社。2017年 防災士取得
業務歴 不動産開発事業、環境ベンチャー、東日本大震災後は福島県で放射線測定機器販売業務を経験。不動産に関わる全般的な知識・経験、2R(特に携帯電話)に関するビジネスモデルの経験を保持。

入社後は、防災関係プロジェクトを主に担当。自治体の避難所運営マニュアルの策定、水害・地震被災地での避難所実態調査等に従事。地域防災活動における防災訓練メニューの企画立案・運営支援を担当。

現在は、防災の取組を通じた地域づくりへ手法の調査・研究、都市部における空き家問題等の解決へ向けた地域づくり研究を進めている。防災・ごみ問題を扱うコンサルタントとしての経験を積み重ね、社会的課題をビジネスに繋げていく事業を展開していきたい。