ごみ、リサイクル、防災、協働、まちづくり。地域の問題に取り組むシンクタンク ダイナックス都市環境研究所

トップ » レポート・出版物 » 研究員レポート・特別報告 » 地理情報システム(GIS)

地理情報システム(GIS)

研究員 高田 洋義

「地理情報システム(GIS)」とは

 地理情報システム(GIS)とは、GeographicInformationSystemの略で、広義には「実世界を空間的に管理することにより、より合理的な意思決定を行おうとするアプローチ全般」を意味しますが、狭義には、「空間情報を作成、加工、管理、分析、表現、共有するための情報テクノロジー」を意味します。

「地理情報システム(GIS)」の運用によって、以下4つの利点を得ることができます。

  • 異なる情報群を「空間情報」をベースとして統合できる
  • 空間的関連性を分析できる
  • 空間情報を効率的に伝えられる
  • 合理的な意思決定を支援する
地理情報データのしくみ

 地理情報システム(GIS)が扱うデータの構造は、基本的には下図のようなものを指します。従来その多くは紙ベースの地図/台帳といったものとして全く別の媒体で構成されており、相互に連関するしくみを持たないものが殆どでした。

地理情報データのしくみ
地理情報システムで何が出来るか?
1.空間情報としての整備・表示

空間情報データベースの構築(○×台帳の電子地図化)などによって、今までは紙地図と紙台帳を同時に更新せねばならなかった作業が軽減され、それら情報の視覚化が可能となります。

2.空間情報の検索・集計・分析

これがGISの最も得意とする情報処理機能です。異なる地図同士の重ね合わせ表示にとどまらず、重なり合った相互の地図情報同士から位置・場所をキーとして条件検索が可能で、該当レコードの抽出や排除を行えます。この機能を空間演算機能といいます。空間演算機能によって様々な適地選定などの「場所の条件検索」が可能になります。

空間演算ができると・・・
例1:学校に近くて・駅に近くて・家賃の安いところは?

  →最終処分場適地の選定など

例2:国定公園でなくて・開発指定がなくて・水源から離れたエリアは?

  →住みよいインフラが整った場所を探すことが出来る

例3:移動距離が最小になる収集ルートは?

  →ごみ収集事務所での収集ルート構築案

例4:Xメートル圏内の公衆トイレはどこか? 一番近いところはどこか?

  →整備が必要な拠点の抽出と適正配置計画の策定

例5:道路からXメートル圏内の家屋数と居住世帯人数は何人?

  →騒音公害補償対象世帯の見積もり

例6:駅からXメートル圏内の自販機数は? ごみ箱配置は?

  →仮想散乱ごみエリアの推定と解消策の検討

【関連ページ】 こちらもご覧ください。研究員レポート第14回

【このテーマに関連する弊社業務実績】

  • 板橋区 美化清掃地域情報システムCD-ROM作成(2002)
    「板橋区散乱ごみ実態調査(H14)」での調査結果を地図情報化し、調査地点毎の散乱ごみ量や区内の美化・清掃エリアにかかわる情報を網羅的に収録したCDを刊行しました。
  • 東京都小型焼却炉等の実態調査委託報告書 地図編CD-ROM作成(2002)
    東京都内53区市町村(島嶼部除く)における小型焼却炉等の使用実態を明らかにすべく、建物棟数ベースで12%となる調査対象地域を選定・実踏調査を行い、都内全体での使用状況を推計しました。