令和2年度 防災とボランティアのつどい

資料

開催概要

名称
令和2年度 防災とボランティアのつどい
チラシをダウンロード(PDF:約4MB)
日時
令和3年2月6日(土) 13:30-16:30
会場
オンライン開催(Zoom)
申込された方に後日Zoom IDをお送りします。
主催
内閣府
参加対象
災害ボランティア活動経験者・関心を持つ人、防災士、防災・復興に関わる人等
参加費
無料

目的・背景

平成23年3月11日に発生してから10年を迎える「東日本大震災」では、多様な支援者が駆けつけ、形を変えながらも被災者一人ひとりに寄り添った継続的な支援が行われています。また、昨年7月豪雨の際には、コロナ禍の下、人が集まりにくい中でボランティア活動が行われました。この10年を振り返り、支援者によってどのような連携・協働による成果がうみ出されたのか、東北で尽力された方から話をお聞きするとともに、コロナ禍におけるボランティア活動の実態や課題などを共有し、これからの ボランティア活動について話し合います。

プログラム

開会挨拶(13:30-13:35)
内閣府
第1部(13:35-15:05)

パネルディスカッション
東日本大震災から10年、これまでの連携・協働

  • 栗田暢之氏(東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)代表世話人
  • 葛巻 徹氏(NPO法人 いわて連携復興センター代表理事)
  • 阿部由紀氏(石巻市社会福祉協議会 課長補佐)
  • 吉田恵美子氏(NPO法人 ザ・ピープル 理事長)
第2部(15:15-16:30)

パネルディスカッション
コロナ禍における災害ボランティア活動 ~熊本の経験~

  • 明城徹也氏(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)事務局長)
  • 樋口 務氏(特定非営利活動法人 くまもと災害ボランティア団体ネットワーク(KVOAD)代表理事)
  • 西村 徹氏(熊本県健康福祉政策課地域支え合い支援室室長)
  • 米田 進氏(熊本県社会福祉協議会 地域福祉部長)
  • 小川耕平氏(全国社会福祉協議会) 
  • 中尾晃史氏(内閣府 政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当))

参加申込フォーム

お申込み受付は終了いたしました。

【お問合せ】
防災とボランティアのつどい 事務局
株式会社ダイナックス都市環境研究所
担当:津賀・細川
bousai01@dynax-eco.com